ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2014年4月21日
日立オートモティブシステムズ株式会社

第62回 白龍旗争奪 実業団野球東京大会で2連覇を達成

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:佐藤 寛/以下、日立オートモティブシステムズ)の厚木事業所野球部は、4月18日に東京ドームで開催された「第62回 白龍旗争奪 実業団野球東京大会」決勝において、株式会社キャプティに3-1で勝利し、2013年に続き2連覇を達成しました。本大会は、全日本実業団野球連盟が主催し、各業界の予選を勝ち抜いたチームが参加できる、今年で62年目を数える歴史ある大会であり、今回の優勝は5回目となります。

 本年大会には、計15チームが参加し、トーナメント方式で試合が行われました。決勝戦では、4回に軸屋選手及び鈴木選手のエンドランが成功して2点を先制し、5回には曲尾選手のタイムリーツーベースで追加点をあげ、阪口投手の127球の熱投でリードを守りきり、見事勝利を収めました。
 本年大会で最も活躍した選手に贈られる最高殊勲選手賞には、大学時代に巨人の長野選手と同期だった阪口投手が選ばれ、また、最優秀監督賞として、佐野監督が選ばれました。

 日立オートモティブシステムズは、色々なスポーツの振興に貢献したいと考えており、またこれを自社内の一体感の醸成にも生かしています。

■本年大会の戦績

※前年度優勝チームのため1回戦免除

  開催日 対戦チーム 試合結果
2回戦 4月16日 やまびこ 9-0
(7回コールド)
準決勝 4月17日 東ソー・南陽事業所 2-1
決勝 4月18日 キャプティ 3-1

2連覇を佐藤取締役社長(中央)と祝う厚木事業所野球部

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:     東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品、及び産業用機械器具・システムの開発、製造、販売、及びサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。