ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2014年11月11日
日立オートモティブシステムズ株式会社

ソフトウェアの組込みシステム技術を用いたロボット制御
コンテストの全国大会に2チームが出場

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:佐藤 寛/以下、日立オートモティブシステムズ)は、11月19日(水)、20日(木)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「ETロボコン2014」チャンピオンシップ大会に日立オートモティブシステムズ佐和事業所および群馬事業所から各1チームの合計2チームが出場します。
 本大会は、一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)が主催し、ソフトウェアのET(Embedded Technology:組込みシステム技術)を用いた、ロボットの制御技術を競うエンジニア育成を目的としたコンテストです。2チームが出場するデベロッパー部門では、走行タイムを競うコース「走行競技」と、機能の実現度合が評価される「モデル審査」の合計点で上位を競いますが、難易度によってプライマリー(基礎)クラスとアドバンスト(応用)クラスに分かれています。またチャンピオンシップ大会は、北海道から沖縄まで全国11ヵ所で開催された各地区大会を勝ち抜いたチームが出場します。

 日立オートモティブシステムズでは、技術者育成の一環として本大会にエントリー致しましたが、10月12日(日)に開催された地区大会にて、佐和事業所のチームは東京大会のアドバンストクラスにおいて、また群馬事業所のチームは北関東大会のプライマリークラスにおいてそれぞれ優勝し、チャンピオンシップ大会への出場を決定しました。
 東京大会では、中堅エンジニアを中心に7名で構成したチーム「ごばりき2014」が出場しました。コース走行競技では、前日に障害物などのコース仕様変更をはじめ、完走が困難なコース走行において最高タイムを記録するなど、総合順位で1位となりました。
 また、北関東大会では、入社2年目の社員7名で構成したチーム「EG-PG.Racing」が出場しました。機能を実現するための制御技術が評価されたモデル審査と、コース走行競技の2つの競技で1位となり、チャンピオンシップ大会出場への切符を手にしました。

■「ETロボコン2014」地区大会結果

出場大会 部門名 クラス 事業所 出場チーム名 クラス順位 総合順位
走行競技 モデル審査*
東京 デベロッパー アドバンスト 佐和 ごばりき2014 1位 - 1位
北関東 デベロッパー プライマリー 群馬 EG-PG.Racing 1位 1位 1位

*モデル審査は1位のみ発表

■「ETロボコン2014」チャンピオンシップ大会出場メンバー

佐和事業所チーム「ごばりき2014」: 河本 典秀、朝倉 功太、本田 啓介、大関 宏、高橋 宏典、日野 匡彰、安 和彦 群馬事業所チーム「EG-PG.Racing」: 伊藤 祐輝、渕上 恒介、岸和田 秦、飯島 郁弥、松下 晋一、佐々木 亮、沼田 達矢

佐和事業所チーム「ごばりき2014」

群馬事業所チーム「EG-PG.Racing」

 日立オートモティブシステムズでは、世界をリードするグローバル企業をめざし人財育成に力を入れており、新入社員から経営幹部に至る階層別教育、各種専門教育、グローバル教育、技能五輪を通じた若手技能者の育成(第50回技能五輪全国大会金メダル、第42回 技能五輪国際大会ドイツ大会出場)、自己啓発援助など、充実した制度を整えています。

 今後も日立オートモティブシステムズは、高い技術力を有する技術者と高い技能を携えた技能者を育成し、技術で世界に貢献し続ける企業をめざしていきます。

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:     東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。