ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2015年1月14日
日立オートモティブシステムズ株式会社
Hitachi Automotive Systems Mexico, S.A. de C.V.

日立オートモティブシステムズメヒコが
メキシコ鋳造協会より2014年“Foundry of the Year”を受賞

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:佐藤 寛/以下、日立オートモティブシステムズ)のグループ会社で、メキシコ合衆国(以下、メキシコ)に拠点を置く日立オートモティブシステムズメヒコ可変資本会社(取締役社長:島岡 工/以下、日立オートモティブシステムズメヒコ)は、メキシコ鋳造協会より、2014年“Foundry of the Year”を受賞しました。本賞は、メキシコ鋳造協会がメキシコ国内において成長著しい鋳造製品サプライヤーを毎年、1社選定し授与する栄えある賞です。

 日立オートモティブシステムズメヒコは、1979年設立当初よりダイキャスト鋳造技術を活用した自動車向け製品を北米および南米圏の顧客へ供給しています。今回の受賞背景として、従来からのウォーターポンプやオイルポンプなどの鋳造製品に加え、2014年にバランサーや電子制御スロットルボディー、油圧コントロールバルブなどの新規鋳造製品を立上げ、メキシコ国内の鋳造製品サプライヤーとして、著しい成長を成し遂げたことが評価されたものです。

 メキシコは、北米自由貿易協定やメルコスールの特恵貿易協定により、中南米を含む米州全域向けの自動車製造および輸出拠点として発展を続けており、各国の自動車メーカーによる工場進出が増加しています。また、それに伴い自動車機器サプライヤーも、自動車メーカーの現地ニーズに対応するため、メキシコへの工場進出を活発化させています。
 このような自動車産業の生産拠点として、ますます重要性を増しているメキシコにおいて、日立オートモティブシステムズは、鋳造技術を含む優れたモノづくり力を生かした製品を提供することで、さらに競争優位性を高め、事業基盤を強化していきます。


メキシコ鋳造協会による表彰式

授与された表彰状

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:   東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。