ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2015年4月22日
日立オートモティブシステムズ株式会社
Hitachi Automotive Systems Americas, Inc.

北米におけるアフターマーケット製品の国際見本市
「Automechanika Chicago 2015」に出展

ブース概観イメージ

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)のグループ会社で、米州地域統括会社であるHitachi Automotive Systems Americas, Inc.(社長:上桶 亨)と、自動車補修品事業を展開しているHitachi Automotive Systems Espelkamp GmbH(Managing Director : Christian Westerkamp)は、4月24日(金)から4月26日(日)まで米国シカゴのMcCormick Place West Building(マコーミック・プレイス・ウエスト・ビルディング)で開催されるアフターマーケット製品の国際見本市「Automechanika Chicago 2015」に出展し、日立オートモティブシステムズグループが北米で展開している幅広いアフターマーケット製品・技術を紹介します。

 今回の出展では、ステアリングやサスペンションなど、走行制御システムの北米注力製品のほか、点火コイルやエアフローセンサー、電子制御スロットルボディなど、内燃機関の高効率化に重要なエンジンマネジメントシステム製品を、ブース中央に配する車両型アクリルショーケースに展示します。
また、電子制御スロットルボディ、点火コイル、エアフローセンサー、高圧燃料ポンプの4つのアフターマーケット製品に関する技術セミナーを、会期の3日間に亘り開催します。

 約3,000億ドルにおよぶ市場規模の米国アフターマーケット市場でのシェア獲得をめざし、日立オートモティブシステムズグループは、展示会場のスタンド番号2238に出展し、日立、TOKICO、HUECO  などの製品ブランドの認知・浸透を図ります。


会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:   東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。