ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2015年5月28日
日立オートモティブシステムズ株式会社

日産エクストレイル ハイブリッドに
高出力のリチウムイオン電池パックを納入

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)は、日産自動車株式会社(社長兼最高経営責任者:カルロス ゴーン/以下、日産)が2015年5月に発売したエクストレイル ハイブリッド向けに、高出力のリチウムイオン電池パックを納入します。

 今回、エクストレイル ハイブリッドに採用されたリチウムイオン電池パックは、円筒形電池セルから成る電池モジュールや、BMS(Battery Management System:電池制御システム)などを筐体に収納させたものです。
 なお、この電池パックは、日立オートモティブシステムズのグループ会社である日立ビークルエナジー株式会社が製造した電池セルを、日立オートモティブシステムズアメリカズ,Inc.のケンタッキー工場にて電池パックに組み立て、納入します。

 日立における車載用リチウムイオン電池事業は、1999年に世界に先駆けて、安全で高性能かつ長寿命な製品として量産を開始し、これまで商業用ハイブリッドバス・トラック、ハイブリッド乗用車向けとして累計500万セル以上のリチウムイオン電池を市場に投入してきました。
 この長年に亘る量産品としてのリチウムイオン電池の供給実績とともに、市場からのフィードバックにより、蓄積してきた量産、品質管理のノウハウは、重要視されている高信頼性につながっております。
 さらに、日立オートモティブシステムズは、リチウムイオン電池の製造会社である日立ビークルエナジーの設計・研究開発部門を昨年に統合し、保有する電子・制御・ソフト技術を、バッテリー制御システムの開発に活用することにより、リチウムイオン電池を高度化しています。

 今後も日立オートモティブシステムズは、リチウムイオン電池をはじめとする電動パワートレイン製品の強化を通じて、電動化車両の進化に貢献していきます。


リチウムイオン電池パックに収納される
円筒形電池セル

■今回納入するリチウムイオン電池の仕様

項目 仕様
サイズ(mm) 40ø × 92
重量(kg) 0.26
平均電圧(V) 3.6
容量(Ah) 4.4
出力密度(W/kg) 3,000
エネルギー密度(Wh/kg) 61

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:   東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

日立ビークルエナジー株式会社
本 社:   茨城県ひたちなか市稲田1410番地
事業内容:ハイブリッド電気自動車用などのリチウムイオン電池の製造

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。