ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2015年7月23日
日立オートモティブシステムズ株式会社
日立汽車系統(蘇州)有限公司

日立汽車系統(蘇州)が一般社団法人日本能率協会より
「2015年度(第5回)GOOD FACTORY賞」を受賞

 日立オートモティブシステムズ株式会社(取締役社長兼COO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)のグループ会社で、中華人民共和国(以下、中国)においてエンジン制御機器の開発、製造をおこなっている日立汽車系統(蘇州)有限公司(総経理:赤平 和好/以下、日立汽車系統(蘇州))は、このたび、一般社団法人日本能率協会(以下、JMA)より、「2015年度(第5回)GOOD FACTORY賞(受賞部門:ものづくり人材育成貢献賞)」を受賞しました。

 GOOD FACTORY賞は、JMAが、日本およびアジア地域に拠点を置く日系企業の工場を対象に、生産性や品質の向上、改善活動の成果を、毎年4つの受賞部門(ものづくりプロセス革新賞、ものづくり人材育成貢献賞、ものづくりCSR賞、ファクトリーマネジメント賞)に分けて審査し、表彰するもので、今年で5回目を迎えます。第4回までに日系企業計22社24工場が本賞を受賞しており、そのプロセスや成功要因、現場の知恵、働く従業員の意識改革、社会的貢献などの成果が日本製造業の範として顕彰されてきました。

  今回の日立汽車系統(蘇州)の受賞は、中国において、従業員満足を高める人事、教育、表彰などの仕掛けづくりにより人財の定着率を高めたことや、ITを活用した教育ツール導入による製品品質の向上、従業員のスキルアップ施策などが、中国に進出している他の企業にも参考となりうる有意義な取り組みとして認められたものです。
 また、歴代の企業代表が、一貫して従業員を大切にする思想をベースとした経営を継続している中、幹部候補となるナショナルスタッフの人財育成に努めており、2020年にはその中から企業代表の起用をめざしていることも評価されました。

 日立オートモティブシステムズならびにグローバルに展開するグループ会社は、今後も人財育成を通じて、ものづくりや地域社会に貢献すると共に、事業の発展をめざしていきます。


2015年に13周年を迎える日立汽車系統(蘇州)

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社

主要事業:
自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス
設立年月日:
2009年7月1日
従業員数:
連結38,900名(2015年3月末現在)
本社所在地:
東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
代表者:
取締役会長兼CEO 大沼 邦彦、取締役社長兼COO 関 秀明

日立汽車系統(蘇州)有限公司

主要事業:
自動車電子制御製品の開発、設計、製造
設立年月日:
2002年11月1日
従業員数:
477名(2015年3月末現在)
所在地:
中国江蘇省蘇州市蘇州工業園区星龍街255号
代表者:
総経理 赤平 和好
Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。