ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

2018年3月19日
日立オートモティブシステムズ株式会社

プロモーションパートナー契約を締結する
全日本スーパーフォーミュラ選手権 2018年シーズンが開幕

 日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:関 秀明/以下、日立オートモティブシステムズ)が、プロモーションパートナー契約を締結する全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズの2018年シーズンが4月21日より開幕します。

 当社は2014年以来、同選手権をシリーズ統括する株式会社日本レースプロモーション(代表取締役社長:倉下 明)とのプロモーションパートナー契約を継続しており、2018年シーズンも同選手権を支援するとともに、大会スポンサーとして全7大会に参戦するスーパーフォーミュラの全車両に、日立ロゴの掲出をします。

 ここ数年において本大会は、参戦ドライバーからF1ドライバーを輩出するなど、世界からも注目を集めるレースカテゴリーとなっており、2017年シーズンは、海外で実績のある外国人ドライバーと国内の成長著しい若手ドライバーによる数多くの熾烈なバトルが、国内外のモータースポーツファンを魅了しました。また、厚い選手層による白熱したレース展開により、シーズン終盤までチャンピオンシップ争いがもつれ、多くのファンを最後まで惹きつけた一年となりました。

 2018年シーズンも世界で活躍するドライバーの参戦が予定されており、ハイレベルなレースバトルにファンの期待が集まっています。特に今シーズンはタイヤの硬さが異なるミディアムタイヤとソフトタイヤの2種類のタイヤを各レースで使用することが義務付けられるため、ドライバーのテクニック以外に、チーム監督の采配やチームワークがレースの勝負を左右する鍵としてより重要となります。この2スペックタイヤ制の導入により、これまで以上に戦略性に富むレース展開となることが予想されており、今シーズンにおける最大の見所となっています。

 日立オートモティブシステムズは今後も、全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズをはじめとしたモータースポーツへのスポンサーシップを通じて、日立ブランドの更なる浸透を図ると共に、モータースポーツの振興に貢献していきます。

2017年開幕戦のスタートシーン(鈴鹿サーキット)


日立ロゴ掲出位置


■全日本スーパーフォーミュラ選手権2018年シーズンスケジュール

ラウンド 開催日 開催場所 サーキット
第1戦 4月21日〜22日 三重県鈴鹿市 鈴鹿サーキット
第2戦 5月12〜13日 大分県日田市 オートポリス
第3戦 5月26〜27日 宮城県柴田郡 スポーツランドSUGO
第4戦 7月7〜8日 静岡県駿東郡 富士スピードウェイ
第5戦 8月18〜19日 栃木県芳賀郡 ツインリンクもてぎ
第6戦 9月8〜9日 岡山県美作市 岡山国際サーキット
第7戦 10月27〜28日 三重県鈴鹿市 鈴鹿サーキット

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本 社:     東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。