ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

2018年11月15日
日立オートモティブシステムズ株式会社

日立オートモティブシステムズ取締役会議長の大沼邦彦がデミング賞本賞を受賞

 日立オートモティブシステムズ株式会社(社長執行役員&CEO:ブリス・コッホ/以下、日立オートモティブシステムズ)取締役会議長の大沼邦彦が、このたび、2018年度のデミング賞本賞を受賞し、11月14日に開催された授賞式に出席しました。

 デミング賞は、日本工業界の品質管理の発展に貢献したアメリカ合衆国の故ウィリアム・エドワーズ・デミング博士の功績を記念して、一般財団法人日本科学技術連盟が1951年に創設した、TQM(総合的品質管理)に関する世界最高ランクの賞です。デミング賞には、品質管理の研究および普及に顕著な功績のあった個人に授与される本賞や、品質管理の応用によって業績を向上させることに成功した企業に授与されるデミング大賞などがあります。今回、大沼は、設計技術者、管理者として時代の先端技術を探求し、製品の信頼性を含めた品質の向上に尽力したことや、経営者として、品質管理の普及・発展、人財育成に貢献したことが評価され、デミング賞本賞を受賞しました。

 日立オートモティブシステムズは、高品質で革新的な製品開発を通し、自動車メーカーの魅力あるクルマづくりに貢献し、豊かな社会の実現をめざしていきます。

前列右から6番目が大沼取締役会議長

会社概要

日立オートモティブシステムズ株式会社
本      社:東京都千代田区大手町二丁目2番1号 新大手町ビル
事業内容:自動車部品および産業用機械器具・システムの開発、製造、販売およびサービス