ページの本文へ

Hitachi

メニュー

日立オートモティブシステムズ株式会社

画像:人々が暮らし、働き、集う、すべての空間をより快適にしていきます。

環境保全、事故撲滅、高齢者移動支援、渋滞解消、快適性向上といったクルマへの社会ニーズに対応するため、クルマのコネクテッド化が進み、自動運転の価値がさらに高まると考えられています。
コネクテッド化により、クルマと社会をつなげて新たな価値を創出するため、当社が有する環境・安全・情報技術と、日立グループが有する社会インフラ・サービスを統合し、安心・安全で環境にもやさしく、快適な自動運転を実現するソリューションを提供していきます。

主要技術

OTAによる制御ソフトウエア更新技術

クルマのエレクトロニクス化に伴い、ソフトウエア比率も増加し、その重要度が 高まっています。これからはセキュリティ対策のためソフトウエアの更新や、 インフラ機能拡張などと連動したクルマの新機能の追加など、車両を制御するソフトウエアを車両製造後もタイムリーに更新していくことが必要となります。日立グループでは、クルマへ適用する、無線を活用したOTAによるさまざまな制御ソフトウエア更新技術を開発し、OTAセンター配信から車載のCGWや制御ECUまでシステムソリューションを提供します。


主な開発技術

  • ソフトウエアの書き込み・更新時間を短縮する差分更新技術
  • 多様な車種・ECUに対応できるフレキシブルな更新制御技術
  • センターから車両までのセキュリティを確保するセキュア配信技術
  • ECUの特徴やコスト要件に合わせた更新異常時のリカバリー技術

画像:主な開発支援

セキュリティ技術

コネクテッド化の課題は、クルマに対するサイバー攻撃の防御です。当社はセンターと車両間、および車両内のECU間で、お互いの真正性確認と通信路保護を実現する暗号鍵管理がセキュリティの要と考え、車両製造時から廃棄までのライフサイクル全体で鍵管理の仕組みを構築し、セキュリティ設計技術を駆使して車両内で鍵を管理するCGWを開発しています。

  • OTA:Over The Air CGW:Central Gateway ECU:Electronic Control Unit