本文へジャンプ

日立オートモティブシステムズ株式会社

Hitachi

画像:「見る・感じる」「考える」能力と「走る」「曲がる」「止まる」が協調した運動制御技術で、より高度な安全を追求しています。

交通事故の未然防止などを目的に、より高度な自動車安全技術の開発が加速しています。
ドライバーの認知・判断・操作の支援システムとして、当社では、すでにACC(車間距離制御)システムを実用化しています。
また、高度な衝突回避支援システムの実用化に向け、ミリ波レーダーや画像処理カメラによる外界認識センサーとブレーキ、ステアリング、サスペンションなどのサブシステムを開発。
さらに、「見る・感じる」「考える」能力と「走る」「曲がる」「止まる」機能が協調した運動制御技術でより高度な安全をめざしています。