ページの本文へ

Hitachi

日立リヴァーレ

「第2回アジアU-23女子選手権大会」が5月21日(日)、ナコンラチャシマ(タイ)で大会最終日を迎えました。全日本U-23チームはタイと決勝戦で対戦し、セットカウント3−2で勝利。2セットを落としてからの大逆転で、アジア初制覇を成し遂げました!

これにより全日本U-23チームは、9月10日(日)から17日(日)までスロベニアで開催される「第3回世界U-23女子選手権大会」の出場権を獲得しました。
皆さまからの沢山のご声援誠にありがとうございました。

No.1 間橋 香織 選手

No.21 長内 美和子 選手



【間橋選手コメント】

いつも沢山のご声援ありがとうございます。
今回出場したU-23アジア選手権大会で優勝することが出来ました。
とても貴重な経験ができ自分自身も成長することが出来たと思います。
自分自身、課題もたくさん増えたのでまた一からがんばります。
応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。
引き続き応援よろしくお願いします。


【長内選手コメント】

日頃より温かい応援ありがとうございます。
5月13日〜21日にタイで行われたU-23アジア世界選手権大会で優勝することが出来ました!
決勝では地元タイとの試合で凄いアウェーの空気の中、自分らしいプレーをすることが出来ました。
良い経験になったことと自分のプレーに自信がついたことを嬉しく思っています。
この気持ちを忘れずにリヴァーレでも頑張りたいと思います!!
応援ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。



詳しくはこちら(日本バレーボール協会公式HP)