ページの本文へ

Hitachi

日立リヴァーレ

「第19回アジア女子選手権大会」が8月17日(木)、フィリピンのマニラで大会最終日を迎えました。
全日本女子チーム・火の鳥NIPPONは、5大会ぶりの優勝を賭けてタイと対戦し、セットカウント3−2(26−28、20−25、25−16、25−16、15−7)と逆転の末に勝利。
4度目のアジア王者の座を勝ち取りました。
大会に出場した佐藤美弥選手より喜びの声が届いています。


No.8 佐藤 美弥選手



【本人コメント】
アジア選手権に出場させていただき、優勝という結果を残すことができました。
チームとして、優勝という目標を達成できたこと、そのメンバーとして戦えたこと、とてもいい経験をさせていただきました。
個人的には、課題もたくさん見つかった大会になったので、また次の大会に向けてその課題を少しでもクリアにしていけるように頑張ります。
たくさんの応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。


詳しくはこちら(日本バレーボール協会公式HP)