ページの本文へ

Hitachi

日立オートモティブシステムズ株式会社

車の部品を
デザインするように、
人のキャリアをデザインする。

業務管理本部 PT事総務部

関野

vol.01

新しいことを始めている企業には、
新しいやりがいが待っている。

私がこの会社に入社しようとしていたころ、日立オートモティブシステムズは海外拠点を増やしており、そのような拠点を含めたグローバルでの人事制度を構築していく真只中でした。グローバルでの展開をより本格的にさせている企業。そんな動きの活発な企業でやりがいをもって働いてみたいと考えたことが、この会社に興味をもったきっかけです。複数企業が合併されればそれまでとは異なる人事制度が必要になりますし、海外拠点立ち上げには全く新しい制度を考えることもあるかもしれない。それまで積んできた自分の経験を生かして働いてみたいと考えていました。

vol.02

自分の考えたことで、
4万人の未来が動き出す。

日立オートモティブシステムズが車の部品をつくり、車全体の動きなどをデザインすることと同様に、私の人事としてのミッションは、従業員のキャリアを考えながら、会社全体の利益も実現していくことなのだと考えています。たとえば従業員がやりたいことや向いていることを考慮したうえで、どのように仕事を通じて成長してもらうかと考える。あるいは個人よりも大きな、チームとしての成果を生んでいくための社内の仕組みを整備していくこと。そのための人事制度や研修、異動などに関して、組織にとって最大の利益をだせるよう形づくっていかなければならないのだと考えています。私の考える施策次第で、約4万人いる従業員の未来が変化していく。それはときに、全員にとってよい施策であることもあれば、全員にとって悪い施策にだってなりえます。4万人の未来を握り、果ては4万人によってつくられる会社全体の未来を担う存在としては、とてもやりがいを感じられる仕事なのだと思っています。

vol.03

グローバルな仕組みによって、
事業のグローバル化も加速する。

入社時に望んでいたように、今後はさらに、日立オートモティブシステムズのグローバルな展開を力強くサポートをしていきたいと考えています。日本から海外拠点へ赴任した人に向けた制度や仕組みづくり。また、海外から日本の日立オートモティブシステムズへ赴任してきた従業員が、ここでの仕事を充実したものにできる体制を整えること。全世界共通の枠組み、そして海外現地法人の自立運営促進。やるべきことも考えられる方法も無限にあり、その一つひとつが会社全体、従業員それぞれ、そして私の成長にもつながっていることなのだと実感しています。

1日のスケジュール

  • 7:45出社
  • 8:05ラジオ体操
  • 8:15メールチェック
  • 9:00事業部長と個別人事案件打合せ
  • 9:30チームミーティング
  • 11:00デザインタイム、
    資料作成に集中
  • 12:00チームメンバーと
    業務進捗確認
  • 13:00昼食
  • 14:00設計本部長と打ち合わせ
  • 15:00製造課長と打ち合わせ
  • 16:00資料作成
  • 17:00関係会社人事担当と
    TELミーティング
  • 18:00翌日の日程確認後、退社